大林コレクション展「安藤忠雄 描く」
ジャンル 建築
名称 大林コレクション展「安藤忠雄 描く」
会場 WHAT MUSEUM 1階 Space2
住所
東京都品川区東品川 2-6-10 寺田倉庫G号
会期 2021/9/25-2022/2/13
定休日 月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)、年末年始休館予定
営業時間 11:00 – 18:00 ※最終入場17:00
料金
一般1200円、大学生/専門学校生 700円、中高校生 500円、小学生以下 無料 ※「都市と私のあいだ」、「Self-History」の観覧料含みます。
URL https://what.warehouseofart.org/exhibitions_events/tadaoando_egaku/
概要

大林コレクション展「安藤忠雄 描く」では、長さ10mにおよぶドローイングを中心に、初期建築作品のスケッチ、未完のプロジェクトのシルクスクリーンを含む平面作品15点を展示します。安藤忠雄氏のプロジェクトは、未来を 「想い描くこと」、それを「図として描くこと」から始まります。和紙に描かれた細いペンと色鉛筆の繊細で柔らかな筆致からは、同氏が真摯に都市と建築に向き合う姿が垣間見え、ダイナミックなドローイングの筆跡からは、力強く未来に向かって挑む姿が連想されます。

【本展の見どころ】
◼️安藤忠雄氏による初期のドローイング、シルクスクリーンを含む平面作品15点を展示
◼️彫刻家グザヴィエ・ヴェイヤンによる高さ約2mの彫刻《Tadao Ando》 を日本初公開
◼️未完のプロジェクト《宇都宮プロジェクト》、《中之島プロジェクトⅠ(大阪市役所)》を展示
◼️上海ビエンナーレ(2000年開催)で制作された、長さ10mの《ベネッセハウス-直島コンテンポラリーアートミュージアム》ドローイングを日本初公開