建築模型展 -文化と思考の変遷-
ジャンル 建築
名称 建築模型展 -文化と思考の変遷-
会場 WHAT MUSEUM 1階
住所
東京都品川区東品川2-6-10
会期 2022/4/28-2022/10/16 ※同時開催の展覧会の展示入れ替えのため、2022/7/4-8/5までは一時休館
定休日 月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)
営業時間 火-日11:00-18:00(最終入場17:00)※同時開催の展覧会の観覧料を含みます
料金
一般 1,200円、大学生/専門学校生 700円、高校生以下 無料
URL https://what.warehouseofart.org/exhibitions/architecturalmodel/
概要

日本の歴史をさかのぼると、模型は古くから建築を制作するための手本として、またその時代の建築文化を伝達する媒体としての役割を果たしてきました。現代においては、建築物が完成に至るまでの試行や検討のツールとしてはもちろん、 材料や技術の発展に伴って、建築家自身の思考や表現にも影響を与えてきており、その役割は現在も進化を続けています。
本展では時代や作り手の思考と共にあり方を変えてきた建築模型に着目し、古代から現代における歴史的な文脈の中で、建築模型がどのような役割を果たしてきたのかを考察し、その意義に迫ります。会場には、古墳時代の家形埴輪や江戸時代に制作された延岡城木図といった歴史ある模型をはじめ、現代建築家・磯崎新による「東京都新都庁舎計画」のアンビルト*模型や三分一博志による「直島ホール」の風洞実験模型など20点以上を展示します。また会期中には、出展建築家や当施設スタッフが展覧会を案内する「ギャラリーツアー」や、模型制作を体験できるワークショップも予定しています。詳細は、WHAT MUSEUM公式サイトにて随時発表いたします。

*アンビルト:建てられていない建築。Unbuilt