OKETA COLLECTION「Mariage −骨董から現代アート−」展
ジャンル 現代アート
名称 OKETA COLLECTION「Mariage −骨董から現代アート−」展
会場 WHAT MUSEUM 2階
住所
東京都品川区東品川 2-6-10
会期 2022/4/28-2022/7/3 
定休日 月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)
営業時間 火-日11:00-18:00(最終入場17:00)※同時開催の展覧会の観覧料を含みます
料金
一般1,200円、大学生/専門学生 700円、高校生以下 無料
URL https://what.warehouseofart.org/exhibitions/oketa-collection_mariage/
概要

長年ファッションビジネスに携わってきたコレクターの桶⽥俊⼆・聖⼦夫妻が、約20年の年月をかけて収集してきた骨董や現代アートのコレクション「OKETA COLLECTION」を、前期・後期に分けた2つの全く異なるテーマの展覧会でご紹介します。

前期となる「Mariage −骨董から現代アート−」展では、桶田夫妻のアート収集の入り口である骨董と現代アートを中心に、本展覧会で初出展となる作品や作家の新作を含む約40点を「身体」「モノクローム」「カラー」の3テーマに分けて展示します。李朝の陶磁器にはじまり、北大路魯山人、河井寛次郎、岡部嶺男など日本を代表する陶芸家の逸品と、名和晃平、KAWS(カウズ)、TIDE(タイド)、ダニエル・アーシャム、チャバララ・セルフをはじめとする現代アーティストたちの作品が集結。国や年代、素材も異なる多種多様な作品を一つの空間で「Mariage(マリアージュ)」することで、作品の新たな魅力を発見する機会を提供します。