大林コレクション展「Self-History」
ジャンル 現代アート
名称 大林コレクション展「Self-History」
会場 WHAT MUSEUM 2階
住所
東京都品川区東品川 2-6-10 寺田倉庫 G号
会期 2021/9/25-2022/2/13
定休日 月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)、年末年始休館予定
営業時間 11:00 – 18:00 ※最終入場17:00
料金
一般1200円、大学生/専門学校生 700円、中高校生 500円、小学生以下 無料 ※「安藤忠雄 描く」、「都市と私のあいだ」の観覧料を含みます
URL https://what.warehouseofart.org/exhibitions_events/self-history/
概要

大林コレクション展「Self-History」では、大林氏がこれまでに収集した現代美術作品を中心に、コレクションの集大成とも言える約40作家の作品を展示します。

 

【出展作家(予定)】(敬称略・姓の五十音順)
ジャン・アルプ、カール・アンドレ、ローレンス・ウィナー、トレイシー・エミン、ライアン・ガンダー、イヴ・クライン、桑山忠明、ジョルジオ・グリッファ、五木田智央、佐藤允、ドナルド・ジャッド、杉本博司、アンドレアス・スロミンスキー、ジョン・チェンバレン、ヴォルフガング・ティルマンス、トーマス・デマンド、アン・トゥルイット、シュテファン・バルケンホール、サイモン・パタソン、ダニエル・ビュレン、ハンス・ペーター・フェルドマン、ルーチョ・フォンタナ、ダン・フレイヴィン、カンディーダ・ヘーファー、ヒラ・ベッヒャー、アリギエロ・ボエッティ、ミヒャエル・ボレマンス、松江泰治、ピエロ・マンゾーニ、村上隆、森村泰昌、ジョナサン・モンク、ヤマガタヒロミチ、ピエール・ユイグ、吉原治良、李禹煥、トーマス・ルフ、ウーゴ・ロンディノーネ、ボブ・ロー など

 

【大林コレクション/大林剛郎(おおばやし たけお)氏について】
1954年東京都生まれ。公益財団法人大林財団理事長。国際芸術祭「あいち2022」組織委員会会長、ほか国内外の美術館評議員やインターナショナル・カウンシル・メンバーを務める。著書『都市は文化(アート)でよみがえる』(集英社、2019年)。