篠原有司男「吾輩のパンチがオーロラに炸裂!」
ジャンル 現代アート
名称 篠原有司男「吾輩のパンチがオーロラに炸裂!」
会場 ANOMALY  TERRADA ART COMPLEXⅠ/4 F
住所
東京都品川区東品川1-33-10 
会期 2021/12/4-2022/1/15
定休日 日曜・月曜日・祝日 ※2021/12/26 – 2022/1/10 は冬季休廊
営業時間 12:00 – 18:00  
料金
入場無料 
URL http://anomalytokyo.com/exhibition/ushio_shinohara/
概要

1932年東京生まれの篠原有司男(しのはら・うしお)は、東京藝術大学に在学中の1955年より読売アンデパンダン展への出品をはじめ、1959年第11回展で《こうなったら、やけくそだ!》を出品、60年第12回の読売アンデパンダン展では東野芳明に工藤哲巳、荒川修作と並び、「反芸術」と評されました。同年、新宿区百人町のホワイトハウス(磯崎新設計。現WHITEHOUSE)を拠点に吉村益信、赤瀬川原平、荒川修作らと、今や伝説となったネオ・ダダイズム・オルガナイザーズを結成。毎週土曜日の夜にミーティングパーティーを開催、吉村の結婚を期にその過激さから半年ほどで解散に至りましたが、60年安保闘争など社会情勢の激動期の頃、60年結成のゼロ次元や、以後63年結成のハイレッド・センターらと並び同時代の動向として、日本の前衛芸術の歴史に残る活動でした。

今回4年ぶりの日本での個展となる本展では、ボクシング・ペインティング、また近年シノハラ・スタジオで発見された70年代〜80年代にかけて制作された、主にニューヨークの大衆文化を描いた極彩色のペインティング、さらに巨大な花魁シリーズを公開いたします。

若き頃と変わらぬ頭脳明晰さで高速回転する思考、その思考すら追いつかれないようにキャンバスをヒットするボクシング・ペインティング、「前衛の道」をひたすら走り続ける、篠原有司男の帰国展です。ぜひご高覧下さい。